トリミングはもちろん、その他に必要な料金を想定して楽しいペットライフを満喫しましょう。

MENU

犬を飼う事でかかる料金

トリミングを行わなくてもペットは暮らして行けるでしょう。
飼い主の方針によってトリミングの有無は決まっていると言えます。
さて、ここではトリミング以外に必要な料金について触れてみたいと思います。

 

トリミングの料金はペットの品種にもよりますが、1回あたり5000円から10000円を見積もっておくのが良いでしょう。

 

愛犬や愛猫を飼う上で必要になる料金ですが、下記のようになります。

一般的な愛犬の場合、

  • エサ代は年間で5万円前後
  • おもちゃやおやつ
  • トイレ用品

なども必要になって来るでしょう。

 

  • 狂犬病予防接種
  • 混合ワクチン接種
  • フィラリア予防薬
  • ノミダニ予防薬

も必要です。
これらをまとめると、年間でトータル15万程度の料金となります。

 

愛犬の寿命は15年から20年と言われています。
寿命が尽きるまで面倒を見ると、200万程度の料金は発生すると考えて良いでしょう。
ここにトリミングの料金を加えると、もう少し料金は増えます。
計画的な支出を考えておかないと、急な出費に困るので覚えておいてください。

 

ちなみに、避妊手術や不慮の事故や病気もあり得ます。
旅行に行くため、ペットを預けることも十分にあり得るでしょう。
そうした場合にはその都度料金が発生します。
その瞬間瞬間では大した金額では無いでしょうが、年間や生涯で見ると相応の料金になることを忘れてはいけません。

 

とは言え、普通に仕事をしている人であればそこまで大きな負担にならない金額です。
毎月1万から2万程度の出費であれば、ペットのために使っても問題は無いでしょう。

 

トリミングの料金も高く感じるかもしれませんが、後々の病気の予防だと考えれば高いものではありません。
何よりも、見た目がかわいく整うのは飼い主として喜ばしい限りでしょう。
シャンプー嫌いのペットが、トリミングサロンに行ってからは風呂好きになるパターンもあるのです。

 

何がペットにとって幸せかを考え、最善を尽くしてあげるのが飼い主の責任であり喜びです。
トリミングはもちろん、その他に必要な料金を想定して楽しいペットライフを満喫しましょう。